良いタイミングで贈りたい!「名入れハンカチ」をプレゼントする時に考える3点

2014年11月19日

このエントリーをはてなブックマークに追加

名入れのハンカチはおもに贈答用が一般的な用途になります。名入れハンカチをプレゼントする時に考えることは3点あります。

そもそも名入れハンカチってなに?

おわたしする相手方のイニシャルやメッセージをハンカチのコーナーに入れたもの世界にひとつだけのオリジナルハンカチになるのでもらった方はすごく特別なものをいただいた気持ちになります。

一般的には、刺繍で表現することが多いですが、稀にプリントで表現する場合もあります

IMG_3464
大事に使ってくれますように。

ではいったいどんな場面で贈るの?

贈答用とひと口に言っても、贈る場面やシーンはさまざま。

結婚式でのペアハンカチとして

一生に一回の記念日にご夫婦ふたりペアで、刺繍名入れハンカチをご自身で用意し、当日その名入れハンカチをポケットにしのばせて幸せをより実感できるものとして人気です。

父の日や母の日のプレゼントとして

父の日や母の日の贈り物は、毎年どうしようか?と悩む方が多いのではないでしょうか。

名入れハンカチは、そこまで高額なものではないですけど心がこもった特別なプレゼントとなります。

バースデイプレゼントとして

恋人や親友のバースデイにそっと相手方の名前が入った名入れハンカチをプレゼントしてみてください。さりげないけど、ずっとこころに残るものとなるでしょう。

ご長寿祝いとして

ご両親や祖父母さまへ還暦祝いに名入れハンカチを贈ってみてはどうでしょうか。もちろん還暦に限らず、古希、喜寿、傘寿、米寿と年齢を重ねるごとに名前と一緒に数字を入れてみても喜ばれるでしょう。

IMG_3461

名入れ刺繍の書体の選びかた

書体は、ゴシック、明朝体、筆記体と3タイプが主流です。

ゴシック体

ゴシック体はタテヨコの線が均一になっているもの。文字が力強さと論理的なイメージがあり、よりオフィシャル的なシーンに合いそう。

明朝体

明朝体は、横線が細く縦線が太い文字。読みやすく、より洗練された感じを受けますので名入れに向いている印象。

筆記体

筆記体は一筆書きのような書体。漢字でいう続け字なので、かっこいいクールなイメージをハンカチに持たせます。

パッと見では読みにくいところがまたいい。これもおしゃれ感があってプレゼントに良いです。

文字の色

プレゼントするハンカチの色とよくマッチしたお色を選んであげてください

名入れ文字を目立たせたいのであれば、白地のハンカチにレッドやネイビーで刺繍。反対にハンカチの地色と同系色の少し濃度があるものを選ぶとさりげなくていいです。例えば白地にベージュ色の刺繍といったように。

まとめ

名入れハンカチをポケットから取りだすたびに、ふと大切なひとを想い出してこころがなごむ・・そんな瞬間をギフトとして贈るってとても素敵ですよね。

人生のターニングポイントで、あなたの大切なひとに名入れハンカチを贈ってみてはいかがでしょうか。


浜口


植村

ココチーフの購読はFacebookページが便利です。

Facebookで「いいね!」をすることで、最新ニュースレター情報をいち早く手にする事ができます。今すぐ下のボタンをクリック!